サックーのブロマガ

主にポケモンについて書いていきます

ブログトップ

初めまして、サックーです。
このブログでは主にポケモンについて書いていこうと思います。

好きな構築はラティクチです。(ラティクチ使いはエロゲしてるイメージあるけど僕はしてません)


USM:S7&S8&S10&S11瞬間1位
USM:S7最高2121/S8最高2187(最終22位)
S11最高&最終2140(最終13位)
Twitter@Sakku_poke

自由に書きたいことを書いていきたいと思います

質問

質問箱に入ってたもので答えれそうなのを解説

随時更新


9/13更新
・スカーフファイヤーのめざ氷採用
>>基本マンダランドは落とせないしマンダには舞羽で粘られるので必要な場面はかなり少ないと思い、採用しませんでした


・ファイヤーレヒレクチート選出の電気の一貫
>>電気入りにその選出することはほとんどないので困りませんでした


クチートの舞うタイミング
>>ナット対面が主ですが、ミストフィールドを貼ってから強引にカバに対して舞じゃれで殴ったり威嚇を入れたグロスの前で舞いたかったらとか色々


・呪いミミッキュのゴーリ入りへの立ち回り
>>ミミッキュに麻痺が入って動けなくなるのが一番めんどいのでクチートで起点役を潰してからゴーリが出てくる→身代わりに合わせて一度叩いてからミミッキュ投げ呪いでゴーリを引かれても充分削って立ち回れるのでそうするようにしてました


・初手のボルトテテフ対面
>>受けれないのでウェーブを押して襷や控えめスカーフなら耐えて突破、耐久に割いた眼鏡やZならボルト切ってレヒレで落とす、臆病スカーフは1.5匹持ってかれてキツいみたいな感じですね


グロスやナット、ハッサムの処理
>>グロスはボルトのボルチェンからクチート投げで冷パンや思念に受け出して威嚇を入れつつ不意圏内へ、ナットはクチートで叩いてごり押す、ハッサムはボルトレヒレクチート全員で殴ってれば削りきれました   


・対ドリュウズ
>>クチートヒレ@1でレヒレの体力の温存と威嚇を残したクチートとの対面を作る事を意識して誤魔化してました。数がそこまで多くないからよかったけど砂ドリュがかなり辛かったしトリルクチートで何とかしたりもしました


・選出の追記
>>追記してほしい並びを質問箱に投げてくれればやります


・今選出しやすいラティ 
>>正直どの型でも厳しいですが、強いて言うならバナカグヤ系統に刺さったり交換読みによるサイクル破壊性能を活かせる眼鏡


・襷シャンデラの性格
>>控えめだとガルドへの文字や耐久に割いたミミッキュへの乱数が変わるので控えめ推奨

S11最高&最終2140 柔軟展開ラティアスクチート

どうも、サックーです。 

今回はS11で使用した構築の記事になります。

 
【構築経緯】
クチート@5から組んでいて最終日3日前までHDレボルト+スカーフ蜻蛉ウルガorファイヤー+クチートの軸で潜っていたがなかなかレートが上がらなかったので並びでのグロスを処理を意識したスカーフレボルトを採用するところから組み始めてカバへの回答のレヒレ+リザの牽制とバナで詰まないようにラティ+切り返しとゴーリの処理のためにミミッキュ+対面選出の鍵になる襷枠を色々使ってみて最終的にはシャンデラに落ち着いた

コンセプト
クチートは絶対選出で選出のパワーを損なわないようにする

・考慮しにくいS振りやトリル展開で縛り関係を逆転させてeasy winを作る

・対面操作やトリルによるクチートの高火力展開で押しきる

f:id:sakupoke:20180904090633p:plain


【個別解説】


f:id:sakupoke:20180904091439g:plain
クチート@メガ石 ※数値は全てメガ後

157(252)-165(196+)-146(4)-*-118(20)-75(36)

じゃれ/不意/叩き/剣舞


本構築の絶対的エース

調整に関してはほぼHAに寄せた感じだが、これで困ったことはなかったのでよかったと思う。
技構成はじゃれ不意叩きを確定として炎牙が欲しい場面が非常に多く、悩みましたが軸としてのパワーを底上げするために最後まで剣舞で使用。
選出段階でクチートの役割を決めておいてそこから試合を組み立てていくのが動かす上で一番大事だと改めて感じた

選出率は100%で1位


f:id:sakupoke:20180904092501g:plain
ラティアス@眼鏡

159(28)-*-111(4)-158(220)-151(4)-178(252+)

流星/サイキネ/シャドボ/10万


普通の眼鏡ラティアス

調整もテンプレのC252振りメガゲンガーのシャドボを耐えるやつ。
バナカグヤのようなバナ入りやキツいガルーラスタンへの誤魔化し、クチートだけでは崩すのが難しいカバ入りのタイプ受けサイクルに投げていく。
Z枠が埋まってたし眼鏡の対面性能がかなり活きたので眼鏡での採用で間違いはなかったと思う。
終盤まで全く投げれなかったけど最終日はガルーラが多かったのでよく投げれて満足だった  

選出率5位 


f:id:sakupoke:20180904093153g:plain
カプ・レヒレ@ミズZ

145-*-136(4)-147(252)-150-150(252+)

ドロポン/ムンフォ/瞑想/挑発


easy win 製造機その①

キノガッサはもちろん意地ミミッキュの上を取れたり、最速ギャラや混乱実ウルガの上をとって処理するのが非常に強力だった。
その代わり耐久は全く信用できないので炎や水への受け出しはなるべく控えるようにして体力管理を意識してた。
素でドロポンを撃つ場面が多かったけどほとんど当ててくれたしめちゃくちゃ偉い子だった

選出率2位


f:id:sakupoke:20180904093831g:plain
霊獣ボルトロス@スカーフ

175(164)-*-91(4)-198(116+)-102(12)-148(212)

10万/めざ氷/ヘドウェ/ボルチェン


easy win 製造機その②

調整は火力↑アイテムの無いテテフのサイキネやマンダの+1捨て身を耐えつつ準速スカーフテテフを抜いたよくあるやつ。
スカーフがそもそも考慮されにくいのと毒技によるコケコの処理が非常に強力だった。
重いグロスミミッキュもこのポケモンのボルチェンからクチートに繋ぐことで対処していた。
考察通りの活躍をしてくれたしこのポケモンはレートを上げるのに大きく貢献してくれたと思う 

選出率3位


f:id:sakupoke:20180904094654g:plain
ミミッキュ@ミミッキュZ

159(228)-140(140+)-118(140)-*-125-116

じゃれ/影/トリル/呪い


展開構築に対する切り返しを担当してもらう

調整はHを16n-1まで伸ばして陽気マンダの捨て身を最高乱数切って耐えるHBを確保したやつ。
相手のミミッキュに対する切り返しにもなるしウルガモスが重いのでトリル呪いを絡めて上手く誤魔化していた。
最終日はほとんど出せなかったけどこのポケモンのおかげで拾えた試合は多かったので必須枠なのかなと思う

選出率4位


f:id:sakupoke:20180904095250g:plain
シャンデラ@襷 ※すり抜け

135-*-110-197(252)-111(4)-145(252+)

文字/シャドボ/エナボ/めざ氷 

迷走枠

この枠は襷激流ゲコや両刀ゲコと入れ換えながら使っていて最初の21までは襷蜻蛉激流ゲコでしたがレートを溶かしたのでこのポケモンにまた変更したところ、役割対象に多くマッチングしたりしたのもありレートを伸ばすのに貢献してくれた。
ただ性格は控えめでよかった気がする

選出率6位


選出パターン(簡単に)

ボルトレヒレクチート

カバマンダ系統/リザグロス系統/カバリザ系統には
この選出でサイクルする事がほとんどでした。とりあえず迷ったらこの選出


ラティクチ@1
バナ入りやラティの通りがいい対面構築に対しての選出。ラティの体力管理さえしておけば対面処理してるだけで勝てる試合が多かった


ミミクチ@1 
基本はボルトがセットで選出されるがゲコを入れてた時はゲコミミクチートの選出もよくやった。
@1のポケモンで荒らしてからミミッキュを展開してクチートで〆が理想

主にこの選出パターンで対戦してましたがクチート@2なら何投げてもいいように組んだので状況に合わせて選出は色々変えてました

選出に関しては質問箱とかでまた要望があれば追記しようと思います


重いポケモン
ガルド
受からないしシャンデラとかレヒレで誤魔化す

雷パン持ってる炎
ヒレの耐久がないから全抜きされる

テテフ
型がわからないのが辛い。エスパーZが一番めんどくさかった

壁+ウルガとかギャラ
ミミッキュ投げにくい試合もあるから厳しい

結果
TN Zonnebloem 最高&最終2140
f:id:sakupoke:20180904130407j:plain


Special thanks
ヒレの個体を提供してくれたぱしこさんとボルトの個体を提供してくれたりばーさん

最終日通話で励ましてくれた窓メンツ

最後に
結果としては悪くない数字でしたがもっと上を目指せた構築だったしもうちょいレートは上げたかったです(チキって保存した)
クチートを全試合選出するのは勝ち筋をイメージしやすかったのでこれからもこの思考は取り入れていきたいと思います。

改めてS11お疲れさまでした!


何かあれば@Sakku_pokeまで

S11感想

自分語り


序盤から中盤にかけてはAdorationロムで暴れて楽しかったが2回大きく溶かしたしめちゃくちゃ色んな人にバレてたし捨てることを決意

わざと構築記事公開して偽装ウェイ!ってやろうとしてたけど結局元の形が一番強かったし意味なかった

ウルガボルトクチートをずっと軸に3日前まで潜ってたけど16すら抜けれなくてヤバいと思ったから垢消して軸も変えて15から集中してやってたら最終日前に21乗れて嬉しかった

最終日は最初3連勝して2122まで行ったけどそこから溶かして何回か20割って諦めてたんだけど通話メンツに励まされたのとピタゴラスさんに最高レート負けてるの知って何故か絶対越えたいと思い潜りまくった


その辺で激流ゲコをシャンデラに変更して潜ってたけどシャンデラが通ってる試合が多くて予想以上の連勝で上からも吸いとって21戻した

その後もシャンデラが刺さり続けて勝てたのでこの変更はほんとによかったと思う

環境の感想としてはリザグロスがかなり最終日は多くて明確な回答を見つけれないまま潜ってたのがよくなかったと思う

ヒトムグロスやカバマンダに対してほとんどの試合を拾えたのはよかったがそれ以外に薄すぎたと感じていた

ガルスタンもめちゃくちゃ多くて磁力ジバコとかいう最強ポケモンも一緒にいることがいたからかなり辛かった

プレイングとしては択に勝てるかどうかで順当に試合が決まってたしなんとも言えないけど悪くはなかったと思います


ただ語っただけだけどここまで読んでくださった人ありがとうございました

【供養】S11中盤使用構築

中盤まで使用してた構築の紹介です


構築経緯
いつも通りクチート@5から組み始めてグロス入りへの回答としてスカーフウルガモスを採用
ウルガモス+クチートでは水が重くなるのでHD混乱実レボルトを採用し、水枠としてレヒレを採用していたがクチート+ウルガモス+水の選出をするときに地面の一貫が気になったので試験的に混乱実ギャラドスを採用してみたところ上手くハマったので@2をコロコロしながら回してみて最終的にマンダランドへの安定性かつトリル展開による詰め筋の強化を評価してポリゴン2とガッサをウルガやボルトの蜻蛉ルを絡めて処理するためのカミツルギを採用して構築が完成した

f:id:sakupoke:20180813172716p:plain

個別解説

f:id:sakupoke:20180813172751g:plain
クチート@メガ石

性格:意地っ張り

努力値:H252 A140 B4 D76 S36

じゃれ/不意/叩き/炎牙

調整は眼鏡コケコの10万最高乱数切り耐え

特に言うことはない普通のクチート
今回はギャラやツルギで詰めていく選出も出来たので選出率は多少落ちましたがそれでもほとんどの構築に投げて安定した仕事をしてくれました。
前期に比べてじゃれ外しは多かったです

選出率1位


f:id:sakupoke:20180813174406g:plain
ポリゴン2@輝石 ※特性DL

性格:冷静  

努力値:H244 A124 C140

ギガインパクト†/シャドボ/冷ビ/トリル

調整はA↑ギガインパクトで無振りリザYを最低乱数以外落とせるまでAに振って余りCです

今回の地雷枠
トライアタックを撃ちたい場面があまりなく、初手に投げた際にテテフやリザYを合わされて仕事させてもらえない事が多かったので思いきってギガインパクトを採用してみました。 
めちゃくちゃ火力が出て強かったですが外して負けることもあって悲しかったです
サイクルである程度削ってからトリルで詰めてく動きが多かったです

選出率5位


f:id:sakupoke:20180813180048g:plain
ギャラドス@混乱実

性格:意地っ張り

努力値:H140 A196 S172

滝登り/地震/竜舞/身代わり

調整は臆病リザYのソラビ2耐え、準速ガッサ抜き余りAです

間違いなく今回のMVP
サイクルのクッションでありながらリザ軸やグロス軸に対して取り巻きのカバやレヒレを起点に全抜きすることも多かったです。
使ってみるまでは非常に動かしにくそうでしたがこのポケモンが柔軟な立ち回りを可能にしてくれたのでぜひ使ってみてください

選出率3位


f:id:sakupoke:20180813180758g:plain
ボルトロス@混乱実

性格:控えめ

努力値:H236 B12 C4 D220 S36

10万/めざ氷/挑発/ボルチェン

調整はガルドのシャドボZ最高乱数切り耐え、大体のレヒレ抜きです

雑に投げても仕事してくれる万能枠
ここまでDに厚くすることで大体の特殊に後投げが可能になり安定した対面操作が出来ました。
Dに厚すぎて木の実を食べないことがたまにあったので陽気ミミッキュミミッキュZ意識でBに回すのも一考

選出率2位


f:id:sakupoke:20180813181637g:plain
ウルガモス@スカーフ

性格:控えめ

努力値:H4 CS252

オバヒ/さざめき/サイキネ/蜻蛉

今回のスカーフ枠
前述の通りグロスに対して上からの処理が見込める炎スカーフ枠を採用しようとしていたが蜻蛉による対面操作能力がこの構築に必要だと考えたのでウルガモスを採用した。
想定通り襷激流ゲッコウガ+ミミッキュ+メガのような並びにボルトロスクチートを絡めて容易な処理が可能になったのでスカーフ枠はウルガモスで正解だったと思います

選出率4位


f:id:sakupoke:20180813182524g:plain
カミツルギ@ノーマルZ

性格:陽気

努力値:H68 A60 B4 D148 S228

リフブレ/ギガインパクト/聖剣/剣舞

調整は忘れたけどゲッコウガの水Zとか意識した記憶があります

キノガッサがどうしても重かったので蜻蛉ルから繋いで強引に処理するために採用。
受けに対しての圧でもあり選出誘導としては大きく貢献してくれたしカミツルギで崩して勝った試合もそれなりにありましたがしっくり来なかったので変更の余地あり

選出率6位


選出はだいたいウルガボルトクチートorギャラボルトクチートorポリクチギャラでした

重かったのは鬼羽してくるやつ全般とガルーラとバシャーモ

最高2093その後爆死しました

f:id:sakupoke:20180813184615j:plain



最後に
潜れば潜るほど選出や立ち回りがシビアで欠陥に気づかされたのでこの軸は解散しますがギャラボルトの使用感は非常に良かったので収穫はあったと思います。
まだ今期は上に行けるチャンスがあるので新しい軸で潜ろうと思います

質問があれば@Sakku_pokeまで

縛る不意

f:id:sakupoke:20180724175421j:plain

クチートを使ってると不意打ちで縛るという詰め筋をとるのは極力避けたいなって思う

もちろん不意打ちは剣舞と合わせて強力な詰め筋になりうる技であるが常に択を生むのはなかなか勝率の安定に繋がらなくてどうかと思う

じゃあ択強かったらいいの?ってわけでもなくて不意打ちを詰め筋にする場合は剣舞がほぼ必須なので技スペが足りなくなる

じゃれorアイへ+不意+サブウェポン+剣舞の構成はクチートがサイクルの中で最も撃ちたい叩きか鋼への打点となる炎牙や雷パンを切ることになってしまう

クチートをほぼ全ての試合に選出したいなら叩き+鋼への打点は必須でありどちらかを切るのは非常に悩ましいため剣舞採用はかなり難しい気がする

積める対面が限られるため試合によっては腐る可能性があるのも怖いのでかなり剣舞は上級者向けの技だと思う

積んだクチートのサイクル破壊性能は凄まじいので一概にどうとは言えないけど使ってみるとほんとに積むのが難しいかつ択に勝つのがしんどいポケモンなので慣れが必要だなと思いました


不意は縛るというより削るために使うのが一番通しやすくて無難な感じはする


おしまい

軸+αの選出

思ったこと書くだけ

f:id:sakupoke:20180718154258j:plain

基本どんな構築でも使いたいとか強そうとか様々な理由で軸となるポケモン、並びが存在すると思う。

軸となるポケモンは基本1~3匹だと思うが残りの@3~5のポケモンの決め方で大事なのは軸となるポケモンとの並びやシナジーが作れるかどうかだと思う


例えばたまに見るであろうこんな並び
f:id:sakupoke:20180718142652p:plainf:id:sakupoke:20180718142719p:plainf:id:sakupoke:20180718142742p:plainf:id:sakupoke:20180718152548p:plainf:id:sakupoke:20180718152606p:plainf:id:sakupoke:20180718152619p:plain

軸は対面性能が高く鋼を呼ぶテテフミミッキュ+鋼に切り返すリザXの3匹とその補完って感じの並びだと思うが今回は軸の3匹とカミツルギに焦点を当ててみる


結論から言うとこの構築におけるカミツルギは非常に軸のポケモンとマッチしていると思う

その理由として軸のどの3匹ともシナジーがあることが挙げられる

テテフのフィールドを合わせることで重いキノガッサ、テテフと対面すると処理が厳しいミミッキュに対して切り返しが効き、どちらも鋼に弱いという性質を持っているミミッキュとは霊Zミミッキュ→スカーフカミツルギの順で展開すれば一貫を作りやすくなる。
リザXとは水や地面に強く鋼に弱いという点で役割分担が可能であり、ミミッキュ同様ポリゴン2等の物理受けに対しての役割集中によるどちらかの一貫作りという点でシナジーがあると言えるだろう


つまりカミツルギ+リザテテフミミッキュのうち1~2匹の選出は状況に応じてカミツルギを絡めた柔軟な動きが出来る非常に強力な選出だと思う



この記事で何が言いたかったかというと補完のポケモンは極力タイプ相性や攻め受けどちらの面でも物理特殊の違い等の点で軸となるポケモンとのシナジーが作れるといいなってことでした


おしまい