サックーのブロマガ

ラティクチ考察日記

ブログトップ

初めまして、サックーという者です。

大体ラティクチでシングルレート潜ってます

USM
S7最高/最終2121
S8最高2187/最終2128(最終22位)
S9最高2080
S10最高2085
S11最高/最終2140(最終13位)
S12最高/最終2101
S13最高2030ぐらい
S14最高/最終2202(最終4位)
S15最高/最終2115(最終28位)

note
https://note.mu/sakku_poke

Twitter@Sakku_poke

みんなの疑問に答えちゃおうのコーナーその②

さむね
f:id:sakupoke:20190626084215j:plain

前回の続き

Q.レヒレの最速の利点って控えめよりあるの?

これもよく聞かれる

単純に考えれば控えめは火力が高くて(特に耐久振りガルーラを+1Zで基本落とせるのは大きい)臆病は準速レヒレ抜きの実数値138に固まっているポケモンを抜き去って縛り関係を逆転させれたり、ミラーで強く出れる素早さが利点ですね


ならこういう利点が実際役に立ってるのかと言う点ですが、控えめは目に見えて火力で勝てる試合がありますが臆病はこの素早さだったから勝てた試合なのかが分かりにくいです

当然相手のポケモン努力値振りはこちらから見えないからですね

控えめで試合を再現して初めて役に立っていたのかわかる事なので多分恩恵を受けた実感はないです

でも僕は控えめだったら勝ってた試合よりも真偽は定かではありませんが臆病だったから勝てたのかなと感じる試合の方が多いので臆病で使ってます


個人的に控えめの最大の利点であるガルーラを+1Zで落とせると言うのはあくまで楽に勝つために活きるもので、実際のところ臆病レヒレ入りでもガルランドには7割ぐらいは勝ってるから正直別に重視してないです

逆に控えめレヒレを使ってて臆病じゃないからどう足掻いても勝てない試合と言うのは必ずあります

縛り関係の有利不利はなかなか立ち回りで誤魔化せるものではないです

耐久も足りなくてぎりぎりの立ち回りを強いられるCSレヒレにとって上から殴れるかと言うのは重要な要素なので僕は役に立っているのかは分かりませんが臆病じゃないと信用できません


辛いところを楽にするよりもどう足掻いても無理な状況を減らす方が性に合っていると言うだけなので好みの範疇ではありますが、使ったことがない方はぜひ使ってみてください



Q.ラティアスって別にサザンドラで代用できない?

ラティアスを使いこなせないと思った人達が遅かれ早かれ辿り着く考え

確かに基本性能としてはよく似ていますね

炎水電気地面に耐性があるポケモンと言うのはクチートの相方として非常に優秀だと思います

サザンドラは崩し性能に優れていたりギルガルド耐性があるのがラティアスより魅力的で、ギルガルドが重いクチート軸にとってかなり欲しい要素を持っています

でも僕個人としてはこのポケモンの評価は低めです

理由としては行動保証の乏しさにあります

中速とはいえラティアスと比べて圧倒的に遅いのでリザードンに何も出来ない時が多いです

スカーフを持たせる枠は基本無いし、スカーフだとしても裏の起点になって簡単に崩されます

ヒレと対面したら何も出来ないのも問題点

どんなクチート軸も基本レヒレを受けるのは嫌がって無理矢理殴りに行きますが、打点が無く一発で落とされるのは非常に苦しいところ

火力は凄いし動けたら強いポケモンではありますが、動けない可能性も大きい非常にリスクリターンの管理が難しいポケモンです

結構ネガティブなことばかり書きましたがあくまで僕の考えなので自分に合うならそれでいいと思います

でもレヒレにストレス溜まることは間違いなしなのでそこをどうにか出来るようにしないと始まらないですね


Q.テテフめっちゃキツそうだけどどうするんだろ?

テテフが重いのはクチート軸の永遠の課題ですね

僕もめっちゃ苦しまされてきましたが、クチート以外でテテフを見れるポケモンを用意しておけば割となんとかなります

と言ってもミミッキュとかでは引かれて処理出来ないので絶妙な役割関係のポケモンじゃないとダメなんですよね

僕は今のところ襷ランドが一番しっくり来てます

テテフ側が一発で落とされる技はZか爆発ぐらいしかないので等倍でサイキネムンフォが通る対面だし引く理由が基本ないです

まあでも実際ランド側になってみると岩石爆発地震で削り等S関係さえ把握すれば正解択が基本取れるので結構対面作れるのはありがたいです

汎用性もあるのがすこポイント高い  

まとめるとクチートで相手するのは安定しないから役割関係が曖昧な他のポケモンで引かせず処理すると言った感じですかね



今回はそこそこ真面目な感じ出しちゃったので次回があるとしたら適当に書くことにします


おしまい

みんなの疑問に答えちゃおうのコーナーとお知らせ

さむね
f:id:sakupoke:20190624222910j:plain

よく言われるラティクチについて?の疑問を答えていこうと思います

あんまり真面目には書きません


Q.ラティアスってなんで入れてるのかな?

めちゃくちゃ聞かれます

構築を使ってくれる人が口を揃えてラティアスの使い方が分からないと言うんですが僕にも分かりません!

僕はボルトロスを絡めた選出で正直めちゃくちゃ頑張れば全て対応出来ると思ってるのでボルトクチート@1の選出を突き詰めたらそれでいいのかもしれません

ただボルトロスを絡めるのは神経使うからあんまりやりたくないしゲンガーに対して守るで拘りロックの動きをされるとしんどいのでそういうところで別の展開手段が用意したくてラティアスを入れてます

構築に必須なポケモンではないですが、楽に勝つために入れるならボルトロスを選出しない際でも地面の一貫を切れる、相手の水や電気に弱くない等の要素を持っているラティアスは必然的に入ってくるのかなと

前期の並びで言うならランドロスもそういう楽をするためのポケモンですね(主にテテフ入り)

無理なところを補うための採用ではなく楽をするための採用

軸であるボルトクチートの対応力の高さがあるからこそ他をこういう採用の仕方で構築のピースに出来るのはかなり魅力的だと思ってます

クチート軸の空いた部分をラティアス以外にして結果を残している人もいるので好みで入れたり入れなかったりすればいいと思いますが、僕はラティアスを入れるのが1番強いと思っているので入れてます

あんまりラティアスの強みは説明出来ないですが、僕にとってラティアスは周り(主にクチート)を引き立たせるための枠なので浮いていて特殊にそれなりに行動保証があるのが強いのかなと

ボルトクチート使ってればだんだんラティアスの良さが分かってくるので使い続けるのが1番です

まあクチートの隣が1番似合うからラティアスしかありえないってのもあるんですけどねってのは内緒


Q.ゴーストZギルガルド重すぎない?

普通に重いです

と言っても最近はそこまでゴーストZガルドに半壊させられたみたいな状況はあんまりないです

ラティクチに入りそうでギルガルドをメタる枠と言うとホルードみたいなノーマルとか炎Zウルガとかゲッコウガみたいな上から1発で潰すポケモンになるかと思いますが、もちろん安定性で言えば完全に一貫を切れるノーマル(主にホルード)になると思います

多分ゲッコウガを信用してない人が思うのはZに受け出したら次を受けれるような耐久がないから結局勝てないんじゃないかと言う心配だと思います

僕もそうだと思ってs12は完全に一貫を切れるノーマルタイプに固執していました

でも実際使ってみて思ったのは周りまで崩すのが難しい、ゴースト技以外(特に剣舞)に対応しにくい、終盤にゴーストZガルドを残されるとめんどくさいと言うことですかね


それでノーマルタイプは諦めて悪タイプを考察していましたが、耐久が高い悪ポケモンは結局周りまで崩すのが厳しいし毒々を打たれて簡単にサイクル負けしちゃうので思考を変えて丁寧に受け切るのではなく、ゴーストZを安易に切らせて1サイクルで周りごと崩すという方向性で行くことにしました

相手からしたら後投げゲッコウガにZを打ち込んでから対面しても対応出来るように用意していた引き先に引いてから再展開すればいいので簡単にZを切ってくれるし、ガルドを1発で落とせる駒を生存させながら受けに来るタイプ受けの水、数値受けノーマルに対してそれぞれボルトクチートで負荷をかけていけるので意外とサイクルで優位とは言わずとも五分五分にはなります

初手にボルトロスギルガルドが対面した際でもボルチェンからゲッコウガ引き→水と対面させて10万2発でH振りガルドが基本落ちるのが大事なポイント

まとめるとZはある程度相手が安定してアドを取れるよう切らせた上で速攻で切り返すと言ったとこですかね

場合によっては釣り交換も多用しながら上手く崩していきましょう


Q.ラティクチ使うならエロゲしないとダメ?

いやしなくてもいいです…

最近はこういう風潮も減ってきたかなと思いますがそれでもこういう人はいるものだなとTwitterを見てて感じました

別に悪いことではないですけどこういう風潮を嫌がるラティクチ使いも中にはいるのでほどほどに^_^


思ったより長くなってしまったので疑問に答えちゃおうコーナーの続きはまたの機会に


最後にどうでもいいと思うけどちょっとしたお知らせ


いつまでかは分かりませんがTwitterにはしばらくいないので用がある方はディスコのMawile#5996まで


たまにある気分で消えるだけで遅くとも今期終わるまでには戻ってくるし早ければもうすぐに戻るからそんなに長い間ではないですけどね


と言うことで迷惑かけることになるかもしれませんがよろしくお願いします


おしまい

P.S ディスコもあまり見ないので反応が遅れるかもしれませんが悪しからず

S15最高/最終2115 幻惑ラティアスクチートβ

どうも、サックーです

今回はS15使用構築の記事となりますが、前期とほとんど変わらないので使用感等を中心に書いていきたいと思います

個体についての詳しい詳細は前期の記事を参照


f:id:sakupoke:20190618164418p:plain

【コンセプト】

選出する3匹で相手の6匹全部に対応させる


【個体解説】

f:id:sakupoke:20190618164858g:plain
クチート@メガ石

155(236)-168(220+)-145-*-115-77(52)

じゃれ/不意/叩き/剣舞

今期も全試合頑張ってくれたうちのエース

初手が2割裏からの展開が8割でガルーラ入り以外は出来る限り裏から出すことを意識していました

特筆することはありませんが不意を余裕を持って連打出来る時は早めに不意以外の技を押し、連打する余裕がないときは不意を押した方が勝率が上がるということを今期は実感させられました


f:id:sakupoke:20190618165603g:plain
ラティアス@弱点保険

165(76)-*-110-162(252)-150-168(180+)

サイキネ/シャドボ/こご風/瞑想

唯一の変更点にして最終日のMVP

こご風はガッサとランド意識

スカーフテテフにムンフォを押してもらって弱点保険発動からのシャドボで狩ろうと採用しましたがそんな場面は一度もありませんでした

その代わりポリグライグロスのような並びにめちゃくちゃ刺さり、瞑想がないと思ってポリゴン2で受けに来る人達をびっくりさせまくりました


21チャレもレヒレ前で瞑想してペースを握れたし木の実と同じぐらい初手に置くラティアスとしての強さを実感できました 

10万や流星群が欲しかったりしたので技構成は変更の余地あり


f:id:sakupoke:20190618170518g:plain
カプ・レヒレ@ミズZ

145-*-135-147(252)-151(4)-150(252+)

ドロポン/ムンフォ/めざ炎/瞑想

ナット入り、ガルーラ入り、ランドクチート@1でゲッコウガを出したくないとき、ゲコミミ系統辺りに絞って投げていました

数値が足りないポケモンですが、ゲッコウガを動かす上でカバに欠伸を押されてペースを握られる展開を避けれる圧力が最大の魅力であり、対面的に動きたいときの駒としても優秀なので外すことは考えられませんでした  

ドロポンを相変わらず外さない偉い子


f:id:sakupoke:20190618173639g:plain
霊獣ボルトロス@スカーフ

167(100)-*-91(4)-198(116+)-105(36)-153(252)

10万/めざ氷/ヘド爆/ボルチェン  

問題のポケモン

今期は当然ではありますがスカーフ一点読みが多発しました

特にカバルドンを全対面で後投げされてステロ撒かれて苦しいみたいな展開が多くて辛かったです

木の実挑発ボルトを使う方が間違いなく賢いですが型読みで屈する試合がある中でも、択を当てれる前提ではありますがあらゆる場面での対応力の高さで木の実ボルトとは大きく差をつけているので3匹で6匹に対応する僕の思考ではこのポケモンを変えることは出来ませんでした


f:id:sakupoke:20190618174330g:plain
霊獣ランドロス@襷

165(4)-197(252)-110-*-100-157(252+)

地震/封じ/爆発/ステロ  

万能初手置きポケモン

浮いていて電気無効かつ威嚇によりテテフの速さを判別しつつ行動を決めれるのが他のステロ撒きにない優秀な点

今期はステロ→爆発の流れがかなり読まれたので安易に爆発しないよう心がけました

性能には文句のつけようがないですが、凍って試合が一瞬で終わる事が多々あったのでかなり心臓に悪いポケモン


f:id:sakupoke:20190618174751g:plain
ゲッコウガ@アクZ ※激流

147-*-88(4)-155(252)-91-191(252+)

熱湯/悪波/毒々/身代わり

今期はこのポケモンを中心に崩していくことを意識しました

最初は毒々→ダストに変更して中盤よく当たったレヒレガルドを崩すつもりでしたがボーマンダを死に出しされる場面が多く、カビゴンポリゴン2で受けに来る人も一定数いたので毒々のまま使い続けました

技構成に無駄がなく、完成されたポケモンであると改めて実感しました


【結果】
TN Lilyette 最高/最終2115(28位)
f:id:sakupoke:20190618180831j:plain


【最後に】

今期は潜れる時間があまり取れそうになかったので終盤にまとまった時間を作って2週間弱の勝負になりましたが正直めちゃくちゃキツかったです

流れを上手く掴めなくて何度も諦めかけましたが同じ並びで21乗ってた人や身内の結果を見て諦められなかったので最後まで潜り続けてなんとか30位圏内まではいけました

今期は自分の限界を目指すのが目標だったので時間に阻まれはしましたが結果を受け止めてまた頑張ろうと思います

来期も多分あまり潜れませんが終盤頑張るつもりなのでよろしくお願いします


改めてS15お疲れさまでした


何か質問があれば@Sakku_pokeまで






 

Mawile

最近思ってることをつらつらと


クチートには等倍でも受けきれないような火力で崩せる性能があるので数を減らすことによるゲームプランの組み立てが出来るのが他にあまり見られない強みだと思います

また、数を減らした後にミミッキュで詰めに来る動きに対しても威嚇+ある程度の耐久のおかげで切り返すことが可能で、ステロ等の襷(行動保証)を潰しに来る相手に対する終盤の展開でも全く腐らないのが他のポケモンには見られない強さだと思います


しかし、このポケモンの弱いところは初手展開時の行動保証の乏しさだと考えています

受けるより攻めるクチート軸では、先に数の有利を取られて死に出しで不利なポケモンを出されるとカバーが困難であり、逆に先に数を減らして有利な盤面を形成できれば採用するポケモンの関係上、火力と範囲で押しきれる事が多いです


数の有利を取るために初手のポケモンの対応範囲はかなり重要で、行動保証と範囲を活かして打ち合ったり、不利対面を対面操作技で一方的なアドを取られずにカバーしたりすることが求められます


その点クチートというポケモンは攻めの範囲こそ広いものの、高火力Z等の確1の攻撃やじゃれ耐え調整等で一発耐えられて上から2発で落とされる展開に抗う術がなく、初手に置いてこれらと対面していきなり数の有利を取られることが多いです


具体的に言えば霊Zガルドと眼鏡(もしくはZ)を所持した耐久振りテテフがかなり厳しいです

受けることが厳しく、対面したら殴らざるを得ないので数の有利を取られてそのまま逃げきられる展開で順当に負けてしまいます


特にテテフは仮にHADクチートで叩きからじゃれの動きで眼鏡を落として突破出来たとしてもフィールドによって裏に不意が通らないし数の有利を取った恩恵をあまり受けられないです


つまりクチートを初手に置く動きはあくまで個人の意見だけど弱いと思ってます


裏から展開してこそ狙った相手に威嚇を入れれたり、有利対面を作って負荷をかけていけるので少なくとも今の環境だと裏からの展開が望ましいのかなと僕は思います  


もちろん一概に否定するわけじゃなくて、僕も初手に置く時はあるしそれが刺さって勝てた試合はあります

しかし、そういう試合はクチートでどれだけ負荷をかけてアドを取れるかが重要になってくる試合が多い(裏2匹で殴ってクチートをクッション気味に扱いつつ勝ちきれるような試合ではない)ので落とされることが負けに直結するし不利対面が出来たら簡単に負けることも多々あります


いつも初手に置きたくないなと思いながら仕方なく置いてるしあまり好ましい展開の仕方ではないから課題だったりしますが、厳しい構築にはそれなりの強気な動きが要求されるし正直どうしようもない部分だとは思います


長々と書いてきましたが結局言いたいのはクチートは裏から展開した方が輝くと思うってことです


昔はクチートを初手に置いて裏の癒しラティで蘇生して勝ちきるゲームメイクが一番強いと思ってましたけど今は弱いと思いますし環境の流れには柔軟に対応していくのが大事だと思いましたね

逆にまたいつか初手クチートが輝く環境になるかもしれないし常に動かし方は模索していかないといけないと思います


クチートは慣れるまで扱いが難しいけど面白いポケモンだし是非使ってみてほしいと願ってます


【最後に】

クチートのリフレめちゃくちゃ可愛いから使うなら絶対しておきましょう

f:id:sakupoke:20190428154608j:plain

S14最高/最終2202 幻惑ラティアスクチート【最終4位】

どうも、サックーです

今回はS14で使用した構築の紹介です

中身としては数シーズン使い続けているラティクチ
ヒレボルト@2を煮詰めた形となります


f:id:sakupoke:20190402180152p:plain

【構築経緯】
自分の中で1つの完成形であるラティクチレヒレボルト@2を模索しているうちにボルトのスカーフ一点読み行動が窮屈に感じ、スカーフ枠の誤認や重いウルガ等に抗うために襷ステロランドを採用

ここまでの並びではグロスガルドが重いことや、ポリ2orカビゴン+物理受けの並びに対する崩しが甘いと感じたのでラティやボルトとの選出のパワーも考え、毒々持ち悪Zゲッコウガを採用して構築が完成した

【個体解説】

f:id:sakupoke:20190402181526g:plain
クチート@メガ石

性格:意地っ張り

155(236)-168(220+)-145-*-115-77(52)

じゃれ/不意/叩き/剣舞

今期も全試合選出した不動のエース

S36振りクチートを意識したポケモンが一定数いると感じて前期より少しSを引き上げた

初手には基本的に置かずに裏から対面操作や電磁波での補助を受けて展開することを意識し、積極的に交換読みを仕掛けていくことで相手のサイクルを崩していった


f:id:sakupoke:20190402183042g:plain
ラティアス@混乱実

性格:臆病

156(4)-*-110-162(252)-150-178(252+)

サイキネ/10万/シャドボ/電磁波

前期に引き続き3W混乱実ラティアスを採用

ラティアスとしては範囲と耐久を上手く活かせている間違いなく強い型だと考えているが、構築がミミガッサに非常に薄かったのでゴツメラティのようなピンポイントでメタを貼るような型でも良かったかもしれない


f:id:sakupoke:20190402183848g:plain
カプ・レヒレ@ミズZ 

性格:臆病

145-*-135-147(252)-151(4)-150(252+)

ドロポン/ムンフォ/めざ炎/瞑想

役割が不明瞭なポケモンではあるが、ゲッコウガが刺さらないナット入りサイクルを中心に特殊方面からの火力と範囲での崩しを担当してもらった

ヒレミラーや準速レヒレ抜き調整のポケモンを意識した最速レヒレは火力不足に悩まされたりもしたが、それ以上に速いことで拾えた試合が多かったので正解だと感じた


f:id:sakupoke:20190402184939g:plain
霊獣ボルトロス@スカーフ

性格:控えめ

167(100)-*-91(4)-198(116+)-105(36)-153(252)

10万/めざ氷/ヘド爆/ボルチェン

前期からの変更なし
 
コケコ入りに対する性能と電気の一貫してるグロス軸に対しての動きやすさを評価して続投

全行動が択である窮屈なポケモンではあるが、強気なプレイングを心がければ基本的にアドを取っていけるのでハマれば強力なポケモンだった

相手視点で木の実ボルトを考慮した動きをされることを踏まえて立ち回っていたが、このポケモンだけはグロス地震やアムハンを連打されたりしたので苦労が絶えないポケモンだと改めて感じた


f:id:sakupoke:20190402190331g:plain
霊獣ランドロス@襷

性格:陽気

165(4)-197(252)-110-*-100-157(252+)

地震/封じ/ステロ/爆発

勝利にかなり貢献してくれたポケモン 

相手からはスカーフに見えることを意識して、地震を押せる対面で引かれそうならステロを早めに撒いて爆発で1:1交換を取る動きが強力

ヒレを重めな選出をする際でも、このポケモンで強引に処理してゲッコウガを通す動きが強力だったのであらゆる構築に雑に投げれる万能ポケモンとしてかなり信用していた


f:id:sakupoke:20190402191350g:plain
ゲッコウガ@アクZ  ※激流

性格:臆病

147-*-87-155(252)-92(4)-191(252+)

熱湯/悪波/毒々/身代わり

一発芸ポケモン

突っ張ってくるグロスを一方的に処理して数的有利を取る展開や、ガルド対面身代わりからのポリ2カビゴン引きに対して毒々で負荷をかけていく立ち回りがシンプルに強かった

激流身代わりを見せることで相手に激流ミズZを意識させて、それに合わせてアドを取りに行く動きも強力だったが、反面レヒレに全く負荷がかからないので再戦ではグロスとの初手対面でボルト下げのような強引なプレイングを要求された


選出率はクチートが100%で、それ以外は偏り無く出していたので割愛


選出パターンに対しては相手の並びが少しでも変わってくると気分次第で選出を変えたりするのであまり解説しませんが意識していたことだけ少し解説

基本的にラティアス/ボルトロス/ランドロスの3匹のうちどれかを場作りとして選出してクチートを動かしやすくする

場作り+クチート+@1で水タイプのどちらかを選出することがほとんどだったが、場合によってはボルトランドクチートのような選出もすることがあった

ランドを絡める場合はランドを切って2:2で勝てるかどうかを判断して立ち回り、ボルトを絡める場合は3匹全員を残して数的有利を取ることでボルトの行動回数を増やすことを意識して、ラティを絡める場合はラティで数匹を削ったり麻痺を入れたりしてラティが落とされて2:3になってからでも裏の一貫を作って詰めれる場合に限定した


【結果】
最高/最終2202 最終順位4位
f:id:sakupoke:20190402193851j:plain



【Special Thanks】
ヒレを貸してくれたリンクさん

通話してくれたみんな


【最後に】
今期は目標だった2200を達成して最終1ページ目に入れたので非常に満足できる結果になりました

レート通話をしながら潜る機会が今期は多かったですが、そのおかげで落ち着いてプレイすることが出来て、最終日も比較的安定していたので通話してくれた身内には感謝

また、Twitterで応援してくださった皆さんやオフで温かく接してくださった方にも感謝しています

今期は最高にポケモンを楽しめたシーズンだったのでまた結果を出せるように頑張ります

それでは改めてS14お疲れ様でした!



何かあれば@Sakku_pokeまで

S13

簡潔に

f:id:sakupoke:20190205230411p:plain


f:id:sakupoke:20190205223642g:plain
クチート@メガ石
155(236)-170(236+)-145-*-115-75(36)
じゃれ/不意/叩き/剣舞

いつもの

特に言うこともなく全試合投げて申し分ない活躍をしてくれました


f:id:sakupoke:20190205224002g:plain
ラティアス@混乱実
156(4)-*-110-162(252)-150-178(252+)
サイキネ/10万/シャドボ/電磁波

言葉では表せないほどめちゃくちゃ強かった

ラティオスの方が合ってるかもと思ったけどこの絶妙な耐久を捨てれなかった


f:id:sakupoke:20190205224327g:plain
カプ・レヒレ@ミズZ
151(44)-*-135-156(212+)-150-137(252)
ドロポン/ムンフォ/めざ炎/瞑想

無難に強かった

個人的には現環境のZレヒレは速さが命だと思う


f:id:sakupoke:20190205224557g:plain
ボルトロス@スカーフ
167(100)-*-91(4)-198(116+)-105(36)-153(252)
10万/めざ氷/ヘド爆/ボルチェン

準速リザXを意識して準速までSを割いた

択製造機なので強気なプレイングが要求されるのが弱いが、代わりのポケモンがいない


f:id:sakupoke:20190205224945g:plain
ゲッコウガ@ノーマルZ
147-*-88(4)-185(252)-91-191(252+)
破壊光線/悪波/奮い立てる/身代わり 

カバマンダにeasyを狙いつつレヒレカビゴンを突破できる一貫性のある技として奮い立てる破壊光線を採用

強かったけど奮い立てるを見せた際のノーマルZ一点読みの立ち回りに対する択が窮屈


f:id:sakupoke:20190205225441g:plain
カミツルギ@ゴツメ
161(212)-232(76+)-153(12)-*-52(4)-155(204)
リフブレ/叩き/鉄壁/剣舞

ガルランドが増えてたので選出の選択肢になりつつヒトムグロスにeasy作れる駒として採用

ミミッキュを後投げから受けることも可能であり、ムドーに対して鉄壁剣舞を積むことで急所待ちが出来たり、急所に当たらずとも攻撃技のPPを消費させクチートでの突破を楽に出来る


S14は結果残せるように頑張ります

質問があれば@Sakku_pokeまで