サックーのブロマガ

主にポケモンについて書いていきます

ホズラッシュ使用構築 盤面制圧ラティクチレヒレ

どうも、サックーです。
今回はホズラッシュで使用した構築を紹介します。
ホズラッシュとは、簡単に言うとSMレート2000以上またはUSMレート1900以上でボスラッシュへの参加権限がない人たちが集まる大会です。
結果としては酷かったですが軸に可能性は感じたので簡単に書いていきます。
ちなみにレートでは8割ぐらいの勝率でした。

コンセプト
対面性能の高いエースで暴れてラティで蘇生して
エース2匹で詰める対面的な動きで盤面制圧。
もしくは受けをクッションにしてエースで有利対面を作り、火力を押しつけるサイクル的な動きで盤面制圧。

f:id:sakupoke:20180203204743p:plain

f:id:sakupoke:20180204071151g:plain
クチート@メガ石
意地HADベース(ゲッコウガのミズz耐え)
じゃれ/不意/雷パン/はたき
ヤブさんが使っていたD振りクチート
一発耐えて落としてからラティで蘇生したかったのでこの調整。特殊に関しては本当に硬く、特に
対テテフでめざ炎を2耐え出来たり、ゲンガーの鬼火祟り目を耐えるのが非常に頼もしかったです。
しかし、Sが欲しい場面も多かったので火力をさらに落とすのも一考。

f:id:sakupoke:20180204073016g:plain
ラティアス@ゴツメ
臆病HSベース
サイキネ/冷ビ/電磁波/癒しの願い
いつもの。今回はこのポケモンが最大限活きるように構築を組みました。無難に強く、電磁波もちゃんと当ててくれました。レートでは、8割以上冷ビで凍らせてくれるのでやはり自覚が違うなと思いました。

f:id:sakupoke:20180204073815g:plain
カプ・レヒレ@眼鏡
控えめHCベース
波乗り/ムンフォ/冷ビ/トリック
この構築のエース。コンセプトである一発耐えて落とす対面的な動きと耐性を活かしたサイクル的な動きのどちらも可能なので選出しやすかったです。
火力は申し分ないですが、耐久はあまり信用しないほうがいいと思います。
電磁波と相性が悪いと思われがちですが、全く困らず、電磁波を撒いてからこのポケモンで制圧する動きが非常に強力でした。

f:id:sakupoke:20180204074616g:plain
ヒートロトム@混乱実
控えめHCベース
オバヒ/ボルチェン/めざ氷/電磁波
オンバーンの後釜。原案では、グライが起点になる身代わりマンダや、アーゴヨンのストッパーとしてオンバーン@スカーフを採用する予定でした。
しかし、単純に育成が間に合わず、メタグロスが重かったのでロトムで代用しました。
実際はロトムで困ったのは対アーゴヨン以外なく、オンバーンだったら勝ってた試合は多分なかったです。ただ、オンバーンの呪いのせいで電磁波を何回も外して負けに導いてくれました。

f:id:sakupoke:20180204075513g:plain
グライオン@毒毒玉
慎重HDベース
地震/ギロチン/身代わり/守る
この構築のMVP。多分このポケモンを選出した試合は9割勝っています。
電磁波との相性が非常に良く、身代わりを連打してるだけで、試合が有利に進んでいくのがとても強力でした。レートでは3連守るからのギロチンも決めたので逆に怖かったです。

f:id:sakupoke:20180204080011g:plain
カミツルギ@ハガネz
陽気HDSベース
リフブレ/スマホ/聖剣/剣舞
今回の敗因。ミミッキュが重く崩しの要素が欲しかったので採用。しかし、行動保証が低すぎて数的不利を取ることが多く、役割対象である受けルにも
様々な形でメタられていて非常につらかったです。
選出率は、クチートが1位でカミツルギが6位、他はほとんど同じぐらいでした。

反省点
1:クチートの雷パンがいらなかった。
全く使わなかったので剣舞辺りに変えます。
2全体的に遅い。
パーティーが中速なので積まれて上から殴られるだけでつらかったです。
3カミツルギに拘り過ぎた。
もっと別のポケモンを見つけたら勝率も上がったと思います。

終結
11勝9敗 レート1540 順位 39位

自分の弱さを改めて感じましたがとても楽しかったです。またこういった機会があったら積極的に参加したいと思えました。
最後に主催のスターリンさん、対戦してくださった皆さん。
とても有意義な時間をどうもありがとうございました!