サックーのブロマガ

主にポケモンについて書いていきます

電磁波+メガクチートについて

どうも、サックーです。
今回はお題箱で電磁波+クチートについて色々聞かれたので解説します。
f:id:sakupoke:20180209211320g:plain
まずは電磁波とクチートシナジーについて
麻痺弱体化によりクチートが麻痺込みで抜ける範囲は大幅に狭くなりましたが環境にミミッキュやテテフなどの中速ポケモンが多く、これらは少しSに割くことで麻痺込みで上を取ることが出来るので後投げ時に上から2発で落とされやすいクチートにとって麻痺は欠かせないと思います。
また、クチート自体がSに振ることにより60族付近のポケモンを抜き去ることができ、有利不利を逆転させられる(アシレーヌ等)のでSに振っても単体性能を落とさないことも魅力的です。

トリルじゃ駄目なの?
トリルは実質4ターンという制限つきですがその間クチートが多くの相手を上から叩けるので非常に
強力です。
しかし、トリルを貼ろうとすると対面的なパーティーになりがち(ポリクチ)なのでクチートの強みであるサイクル適正を活かしづらくなります。
もちろん対面性能の高さも魅力的なポケモンではありますが、不意のz技が飛んでくる環境であるためz技を耐性で受けるサイクルの形を取る方がクチートを活かしやすいと思ってます。
また、パーティー全体が低速~中速に固まりやすいので展開出来ないと上から叩かれるだけで負けるトリパは現環境では動かしずらいと思います。

Sラインと技候補
耐久との兼ね合いを考えるとSに割く範囲はそこまで広いわけではないです。いくつかSラインを列挙します。
※( )内は努力値
実数値83(100) 麻痺した最速100族抜き
最低限欲しいライン。これでは60族付近に対して不安が残る。
実数値85(123) 麻痺した最速102族抜き
ここまであれば大体のアシレーヌやポリ2を
抜ける。体感麻痺したマンダの7割ぐらいは抜けるようになる。
実数値88(140) 麻痺した最速109族抜き
大体のブラッキーを抜けるライン。カミツルギの処理は結構大切なのでここまで振って損はない。
実数値89(148) 麻痺した最速111族抜き
ここまで振ると宿守カグヤに上を取られることが基本なくなる。麻痺を入れたらグロスに不意連打が安定するのも良き。
実数値92(172) 麻痺した最速115族抜き
個人的な最大ライン。大体のムドーの上を取れるので受けルを崩しやすい。剣舞ガルドの上も基本取れるようになる。

火力ラインが曖昧なポケモンなので調整は難しいので省きます。

技候補 ※電磁波とのシナジーのある技のみ列挙。
アイへ···まひるみを狙える最強の技。火力があるのでグロスより相手に試行回数を稼がれにくい。
雷パン···個人的にはSに振るなら必須。アシレカグヤの上を取れることを活かせるのでシナジー
良い。ムドー抜きなら受けルをかなり崩しやすくなるのも評価点。あと、殴りながら麻痺を撒ける神技です。
冷パン···電磁波とのシナジーはあまり無いですが電磁波の通らない地面に刺さる。電磁波の一貫を作りたいなら欲しい技。
不意···上にも書きましたがグロスを不意連打で縛れるのが強い。削ったガルドにも影うちに怯えず不意連打を出来るのが優秀。
気合パン···身代わりと合わせれば撃てる機会が大幅に増える。ただ、上からアイへやじゃれ2発で基本足りることが多い。
剣舞···麻痺バグ期待で積める機会が多くなる。電磁波を撒いても抜けないポケモンは基本低耐久なので剣舞不意で縛りやすいのもポイント。
身代わり···バグの試行回数を稼げる。ただ、体力管理が大切なポケモンなのであまり使いたくない。

こんなところですかね。Sラインによって採用価値は結構変わると思います。これら+一般的なじゃれや叩き等を組合せるのが基本です。

最後に
麻痺を撒くとクチートが上を取れる機会は非常に多かったです。行動回数を増やすことが大切なポケモンなので電磁波はかなりシナジーがあります。
サイクル戦になると自然にバグの試行回数を稼げるのでサイクル勝ちしやすくなるのはトリルとの大きな違いだと思ってます。皆さんもぜひ麻痺を撒いてクチートで盤面を制圧しましょう!!

追記
努力値が間違ってたので修正しました。Sの最大ラインのところは実数値92です。申し訳ありませんでした。