サックーのブロマガ

主にポケモンについて書いていきます

選出とプレイング

どうも、サックーです。
今回は僕がポケモンというゲームが分からなくなってきたので自分の思考を纏めるために僕が選出やプレイングで気をつけていることを書いていきます。

まずは選出について
僕は基本的に自分のやりたいことを通す人ではなくて相手に合わせて対応する人なので相手がどんな詰め筋を選出画面で考えているかをまず考えます。
例えば、こちらのパーティーがリザードンしかハッサムを明確に処理出来るポケモンがいないならば相手はステロ+ハッサムを通す動きをとる可能性が高いです。そこで、初手にミズZゲッコウガ等の高火力ポケモンを投げてステロ撒き(カバルドン等)を処理するあるいは裏に退かせることでステロを撒かせずにリザードンが場に降臨出来るわけです。
相手はリザードンの処理をステロ+ハッサムの先制技に任せているわけですから当然リザードンの処理が厳しくなります。裏のポケモン次第ではそのままリザードンが受からずに3縦みたいなこともあるかもしれません。
ここでもし、相手の裏にリザードンに強いポケモン(ここではアーゴヨンで話を進めていきます。)がいたとしてもめざ炎ゲッコウガが通るようになるのでそこまで不利な状況になりません。
相手の選出を3匹に絞るのは難しいので、出てこない(刺さってない)と思うポケモンは切って相手がどんな勝ち筋を押し付けて来るかを考え、3匹に絞りきれない時は4匹ぐらいまでに絞ってどのポケモンが出てきても対応出来るような選出をしてます。
纏めるとどんな選出でも相手がやろうとしていることをやらせないことを意識してこちらの選出を合わせることを重視しているってことです。

プレイングについて
僕がプレイングで気をつけていることは大きく2つあります。
1つ目は相手の裏のポケモンを試合の序盤から絞って展開していくことです。
これはどういう事かと言うと、選出画面だけで相手のポケモンを読みきることは難しいので初手のポケモンあるいは2番目のポケモンが見えた時点で裏にいなければいけないポケモンと裏にいてはいけないポケモンを判別するということです。
例えば、初手にクチートヘラクロスの対面が出来たとします。この時点で相手はクチートに不利対面を作られた時の退き先(ここではヒードラン)を用意しているので裏にはヒードランがいると考えます。相手がヒードランに退いてきてクチートが受けられたと仮定します。
相手の選出したこの2匹ではこちらの水タイプ(ここではカプ・レヒレ)が明らかに重たいです。
そこで裏にはレヒレ受け(ここではモロバレル)がいるということが分かります。逆にレヒレに起点にされるクレセリアやタイプ相性的に撃ち合いに不利な
ドリュウズはいないと考えて良いと思います。
試合序盤から相手の選出を絞ることで詰め筋を理解しやすくなるのでこの考えは必須だと思います。
今回の例ならクチート+カプ・レヒレで崩そうと思った時にモロバレルから崩すのは厳しいのでクチートで交換読みの叩きを積極的に撃っていきヒードランから崩すという詰め筋を見つけることが出来ます。

2つ目は選出やプレイングから相手の心理状況を読み取ることです。
難しいことのように思えますが意外と簡単です。
例えば、ガルーラキノガッサ対面が出来た時にガッサ側がクレセリアに退きます。
ガルーラがクレセリアに受けられた後、ガルーラ退きに合わせてキノガッサを出してきたとします。
裏にギルガルド受けのヒードランがいる場合、相手はこちらの裏にゲッコウガがいたときにキノガッサ以外との対面を作られるとゲッコウガが受からないという状況に陥るので非常に余裕がない状態です。こういう相手はリスクある読みを多発してくるのでこちらが安定行動をしているだけで自滅するパターンが多いです。
逆に相手の初手がサザンドラでガルーラとの対面が出来た時にギルガルドに退いてグロウやノーマル技を受けてくる、その後地震読みでポリゴン2を降臨させてガルーラ受けを成立させながらゲッコウガを受けるというような選出や立ち回りをしてくる人は安定行動をしてくる場合や理にかなっている読みを通す事が多いです。
例えば、さっきの例で初手がゲッコウガギルガルド対面だった場合にポリゴン2に退きます。
その後相手はヒードランを出して受けるのが安定になります。この場面でまだ見えていないサザンドラを読んで冷ビを撃つことは難しいのでヒードラン退きに対応出来てかつゲッコウガ突っ張りの時に悪波を撃たれてもサザンドラ退きならば最小限の負担に抑えることが出来るというような読みを通してくる人です。
こういう人はこちらの安定行動を理解して行動してくれのでどこかでこちらもリスクある読みを通して崩す必要があります。
一概に後者のような人達の方が強いとは言えず、パーティー相性などによってどんな人でもリスクある行動をとってくるので決めつけるのは危険です。
ちなみに僕は相手に合わせる人なので前者のような人達を相手にするのが苦手です。

ここからはちょっとしたテクニック
·両対応
相手がとれる2つの選択肢がある場合にそのどちらにも対応出来る動きをすることです。
具体的には上記のポリ2ゲッコウガ対面でのサザンドラ退きのような行動です。これを読むのは非常に難しいので積極的にやることをオススメします。

·三角交換
例えば悪Zの可能性があるゲッコウガにスカーフサザンドラを受け出したいというときにゲッコウガランドロス対面ができると冷ビが一貫するので退くことが難しいです。ここでギルガルドを経由することによって冷ビを半減で受けてから悪技読みでサザンドラを後投げし、ゲッコウガサザンドラ対面を最小限の負担で作るといったような動きです。
不利な状況でサイクルを回す時に誤魔化しの手段としてよく使ってます。

最後に
僕が選出やプレイングで考えている事を纏めてみましたがあくまでこれは僕の考えです。
人によって思考は違うので安定するかと言われたらしないと思います。
感覚で相手がどんな思考をしてるのかを読めればそれに対応した動きが出来るので、毎回そんな動きが出来たらなぁといつも思ってます^_^;