サックーのブロマガ

主にポケモンについて書いていきます

ラティクチ+カミツルギ

どうも、サックーです。
今回はラティクチにおいてカミツルギを何で信用してるのかと聞かれたので自分の考えを書いていこうと思います。

f:id:sakupoke:20180301225016g:plain

カミツルギというポケモンは低い特殊耐久故にコケコやゲッコウガ、スカーフ持ちに上から縛られる事が多く、安定しないです。そのため行動保障を高める襷カミツルギで話を進めていこうと思います。
(スカーフでは崩し性能が損なわれる)

カミツルギを採用する利点(カミツルギの強み)
·対ミミッキュ性能
これはとても重要なことで、クチートは低速故に少しでも削れると剣舞+Zでミミッキュに処理されます。ミミッキュの処理ルートが少ないクチート軸において上からミミッキュを縛れるというポテンシャルを持ったポケモンはそれだけで採用価値があると言えます。

·固有の崩し性能
カミツルギには剣舞+草鋼格闘という範囲と積み技を自然に採用できる強みがあります。草鋼格闘の範囲は受けサイクルに多いドラン絡みや、カバ絡みを取り巻きごと崩す事が出来る範囲です。
受けループに対しても剣舞+リフブレでドヒドイデの受けを許さず、エアームドに対しても剣舞+聖剣で鉄壁を無視して突破することが出来ます。
よく一緒にいるゲンガーに対して不利を取りますがゲンガーを選出した場合受けポケモンが2匹になるので周りで崩しやすくなります。

·クチートとの役割集中
炎弱点が被り、不利対面がほぼ同じなこの2匹は役割集中をしやすいです。例として剣舞スマホ+不意打ちで耐久に割いていないリザYやウルガを落としたり、剣舞聖剣+炎牙で大体のテッカグヤを落としたり出来ます。どちらか一方を通したい時も多いのでかなり役割集中は役立ちます。

·ラティアスとの補完
鋼とラティの相性補完は優れていて特にカミツルギが炎に不利対面を作られた時にラティが退き先になれるのはかなり強力です。キノガッサのマッパを誘ってラティのゴツメで襷を潰す等立ち回りに柔軟性が出るのもラティクチに組み込みやすい理由の1つです。

·選出誘導力
前述の通りカミツルギは上からの特殊技に弱く低速ポケモンに強いポケモンです。そのためゲンガー、コケコゲッコウガ等の高速特殊アタッカーを強く呼びます。周りのスカーフ持ちがこれらの特殊アタッカーを落とすことでカミツルギを通しやすくなる、逆に高速アタッカーが多ければスカーフ持ちが通しやすくなるという状況を作りやすくなります。
試合展開を選出画面から考えやすくなるのもこのポケモンの強みの1つです。

·自身が詰め筋になれる
これは同タイプのナットレイと大きく違うところ。
ナットレイは遅く、炎に止められやすいので自身が相手を詰ませることは少ない(特殊を落とすことで鈍いによる物理への詰め、サイクル下で他のポケモンと合わせて受け回すことで突破出来なくすることは出来る)ためナットレイ自身ではなく他のポケモンで崩しを行う必用があります。カミツルギはステロと合わせることで明確に相手を縛るルートを作れるので勝ち筋をイメージしやすいのは大きな利点です。

·サイクル性能
このポケモンは襷を採用しながらも高いB種族値による並み程度の物理耐久と草鋼の固有の耐性によりある程度のサイクルが出来ます。同じ草枠として汎用性が高いキノガッサはサイクルに参加するのはかなり難しいです。サイクルで削ってカミツルギの一貫を作る動きも相手によっては視野に入れる事が出来るのはキノガッサにはない明確な強みです。

メリットはこんなところです。
続きは明日書くので是非読んでください(>_<)