サックーのブロマガ

主にポケモンについて書いていきます

選出から見る強い構築

完全な主観ですが書いていきます

サムネ用
f:id:sakupoke:20180521211132j:plain


対面構築
先発が非常に大事
先発で出し負けをするとケアが非常に効きづらい。3匹全員の仕事量がそのまま勝敗に直結するので初手だけは有利対面をなんとしてでもとりたいためキノガッサゲッコウガみたいな範囲が広く出し負けしづらいポケモンで誤魔化すのが一般的。
先発が誘うポケモンに強いポケモンを裏に置いていくという思考で選出するので相手に依存せず強力な並びを保てるのが強いという大きなメリットがある。
そのため先発要員は範囲の違う2匹を選択し裏のポケモンをどちらとも並びを形成できるポケモンで構成する(キノガッサorゲッコウガ+ミミッキュ+ガルーラ等)のが強いと僕は考えています


攻めサイクル
対面構築ほど先発は重要ではないですが相手の「崩し」に不利対面を作られるのだけは避けたいので初手は相手に積む余裕のない火力を押し付けれるポケモンからゲームメイクしていくのが基本だと思います。
相手の崩し枠を意識した先発だと行動保証のある襷枠等に不利をとることが多いので裏に引き先を用意してパワーのあるポケモンを保持しつつ受け攻めを繰り返してダメージレースに勝っていく展開が理想だと思います。
そのため先発の高火力ポケモン+受け(クッション)+先発ポケモンと範囲の被らないポケモンという3匹を基本選出にする形がもっとも強いと考えています。
しかしこの組み方では受けが不利対面を作られた時に攻めを意識した裏では積み+高火力を受けることは厳しくサイクルパーツを一つ確実に失って思うようなゲームメイクが出来なくなります。そのため襷持ちやスカーフ持ち、ミミッキュ(特性によるストッパー)を採用して積みに対しての切り返しを行うことは必須だと思います。
中でもスカーフ持ちは自身がサイクルに参加するのが容易で汎用性を保ちつつ積みに対しての切り返しを行えるのでかなり採用価値が高いです。


受けサイクル(受けループ)
選出時に最も安定して特定の並びには受け回すだけで勝てる3匹からまず考える(ラキドヒドムドー、ポリグライドラン等)
この3匹で相手の襷枠等の行動保証、受けポケモンに対して安定させれるのが前提としてこの3匹では簡単に崩し枠に半壊させられるので選出画面で崩し枠がいたら相手の崩しに対する誤魔化し枠を選出しないといけません。
よく誤魔化し枠としているのはメガゲンガーですかね。
襷バレルやスカーフラティもときどき見ることがありますがとにかく攻めサイクルと同じように崩しに対するケアが大事です。
受け4匹+誤魔化し枠2匹で組んで基本選出で厳しい構築には対応範囲の違う受け2+誤魔化し1の選出を徹底するのが現環境では強いのかなと思ってます

展開構築
相手に依存せず展開要員+エース2枚で選出していくのが基本。展開要員は行動保証のある襷持ちや高速ポケモンでしていくのが基本だが襷持ちは連続技や上からの挑発に弱く高速ポケモンはスカーフ持ちに弱いので展開方法は出来れば2パターンほしい。
エースの攻撃範囲を分けるのは当たり前だがエースが止められるポケモンを次のエースで起点にするためにタイプの補完もとれるようにしたい


どんな構築にも言えることだが選出でメガ+Z+襷orクッションor特定のストッパーを組み込むのが非常に大事なのでメガかZ、特にメガと比べて数値が足りないので対応範囲が狭まるZは2枚ほしいところ




まとめ
対面構築
メガ+Z+襷(先発要員①)+先発要員②+裏のZ+クッション


攻めサイクル
メガ+Z+クッション+裏のZ+ストッパー+裏のメガorストッパー②


受けサイクル
物理受け①+物理受け②+特殊受け①+特殊受け②+誤魔化し枠①+誤魔化し枠②

もしくは
炎受け+水受け+電気受け+地面受け+誤魔化し枠①+誤魔化し枠②みたいなタイプで受ける事を重視した構築


展開構築
展開要員①+展開要員②+メガエース①+メガエース②+Zエース①+Zエース②
(1メガにして球ゲッコウガみたいなZ無しでも火力と範囲を両立できるポケモンをいれてもいいかも)




最後に
あくまで主観ですが上記のような形で組むのが使いやすくて実際に選出したときに並びとしてのパワーが落ちないかなと思っています。個々の役割をはっきりさせて構築の穴埋めをしていくのも大切ですが
多少の相性は無視して単純に数値を保てるメガ+Z+@1の選出がしやすいように構築を組むのも大事だと思います