サックーのブロマガ

ラティクチ使いの日記帳

ボルトレヒレクチートVS○○ カバマンダ編

サムネ
f:id:sakupoke:20181213180539j:plain

よく使ってるボルトレヒレクチートでのカバマンダに対する立ち回りについて適当に

ボルトレヒレクチートの型はこの構築のクチートのアイへ→じゃれ以外は同じです 
http://sakku-poke.hatenablog.com/entry/2018/11/06/172019


カバマンダに関しては起点f:id:sakupoke:20181213181824p:plain@混乱実/舞地震f:id:sakupoke:20181213181912p:plain/特殊Z以外のf:id:sakupoke:20181213181945p:plainを前提として話します

また、並びはf:id:sakupoke:20181213182039p:plainf:id:sakupoke:20181213182107p:plainf:id:sakupoke:20181213182216p:plainf:id:sakupoke:20181213182251p:plainf:id:sakupoke:20181213182310p:plainf:id:sakupoke:20181213182328p:plainとして話を進めていこうと思います



それでは解説

VSカバマンダは型の多様性とプレイヤーごとの立ち回りの違いから、完全に動きを一貫させて勝つことは難しいので要所要所での択に勝っていき、相手に合わせた詰め方をしていくことになります

相手の選出で意識するべきはガルド>マンダ>コケコ>ゲコ>カバ≒ツルギ

安定して全体にある程度の役割を持てるガルドの選出はほぼ確定としてガルドで荒らした後の詰めとして優秀なマンダとレヒレケアのコケコがこちらとしては一番シビアで、意識したい選出です

まず最初の択は先発ですね

相手の先発のポケモンはコケコ/ガルド/ゲッコウガの3匹に絞って考えます

理由としてはクチートへの出し負けは負けに大きく近づく重要なディスアドだからです

こちらの初手はコケコゲコ意識のボルト、ガルド意識のクチート(ほぼ投げないけどたまにレヒレ)となり、合わせるポケモンは変わってきます

出し負けても負けに直結する場合はほとんどないですが、型によってはかなり不利になるので出来れば出し勝ちたいです


クチート初手のルートで出し負けた場合はなるべく引くことを心がけていますが、ここも択なのでなんとも言えないですね 

ボルト初手のルートは出し勝ったらゲコにはボルチェンで良いですが、コケコに対してはガルド下げを考慮すると毒技とボルチェンの択になります

ここの択は勝つとほぼ勝ちが確定しますが、相手のボルトの認識が一貫しないので最も難しいです

その後の展開としては様々なので具体的には語りませんが、こちらが意識するべきことは3つです

・ガルドを削りきる
・3匹全員を残した状態でマンダを投げさせる
・体力管理がされているボルトor威嚇の残っているクチートを終盤まで残しておく


1つ目の「ガルドを削りきる」はボルトの通りを良くして詰めやすくするために重視しています

2つ目の「3匹全員を残した状態でマンダを投げさせる」は中盤にレヒレでガルドを相手することがほとんどになることから、レヒレガルド対面のマンダ投げから殴る動きに対応するために出来るだけマンダを流して再展開するルートを増やしたいため重視しています

3つ目の「体力管理がされているボルトor威嚇の残っているクチートを終盤まで残しておく」は、終盤の舞マンダに全員削られて一貫を作られることを防ぐために重視しています


この3つを行うために、終盤まではレヒレ+ボルトorクチートのどちらかでガルド+何かに対応する立ち回りを徹底します

ヒレは広範囲に役割を持てますが、終盤になると削られて誰にも役割を持てなくなるので序盤から中盤にかけて他の2匹に比べて雑な使い方で負荷をかけていきます


試合中盤のガルドに対するキンシ、身代わり、引き等の択をレヒレで制することが勝ちへの大きな条件となってきます


コケコマンダガルド以外のポケモンは選出されてもボルトからレヒレorクチートの展開で簡単に止まるのでそこまで意識する必要はないと考えています


長く書いてきましたが意識するポイントを理解した上で、特にガルドに対する択を制するのが勝利条件になってくるので実戦で経験を積んでみるしかないです


択が多くて難しいですが、個人的には構築相性としては若干有利だと思っているので択負けで不利になっても誤魔化しの連続で何とかなることもあります


上手く文章に表すの難しいですね


何かあれば@Sakku_pokeまで