サックーのブロマガ

ラティクチ使いの日記帳

カバにボルチェン

f:id:sakupoke:20181218221125j:plain

よく色んな人にプレイングが独特だとかヤンキーだとか言われるのでそれについて少し


カバにボルチェン平気で撃ってたりするけどヤンキーじゃない?って言われたのでこれを例に解説


僕の思考の根本として相手視点になって立ち回るというのがあります

スカーフボルトが例えばカミツルギと対面してボルチェンを撃ったらカバが来るとします
   
ボルチェンで拘ってるボルトを場に残しても何も出来ないので引くのが普通ですが、僕側のカバへの引き先がレヒレだったら相手はカバで行動してもレヒレがカバに降臨されるディスアドの方が圧倒的に大きくて困るんですよね

そうなると釣り出しでカミツルギを合わせて有利対面から展開する方が有利な状況になると思います

もちろんステロというレヒレ下げにも一定のアドを取れる選択肢があるのならそちらを選択されがちなので構築を見て型を判断してそこは対処を変えます


聞いてると普通だけど相手がカバで行動することによるアドの大きさよりも自分がカバにボルチェンを撃って引かれなかった時のディスアドを考えちゃうから僕のプレイングに疑問を持つのかなあって勝手に思ってます

僕は自分の選択を全く信用していない人なので相手の選択の方を信用して相手に合わせるプレイングを意識しています


自分を信用するプレイングの方が圧倒的に不安だし自然に僕はそうなっただけで正しいのかは分かりませんが相手視点になって択に臨む方が僕は勝てるし徹底してます


僕にとってリスキーな択とは通らなかったときのディスアドの大きさではなくて相手を信用して自信を持って選択出来ない択なので通らなかったときのディスアドをどうするかとか押すまで一切考えずに通らなかった時に考えてます



正しい思考かはどうかとしてどうしても大事なときはディスアドが大きい択を怖がって相手を信用したプレイングが出来ないので詰めが甘いなといつも思ってます


以上ただの自分語りでした


ちなみにやってること頭おかしいのは認めるのでガイジ認定してもらっても構いません(╯•ω•╰)