サックーのブロマガ

ラティクチ考察日記

S14最高/最終2202 幻惑ラティアスクチート【最終4位】

どうも、サックーです

今回はS14で使用した構築の紹介です

中身としては数シーズン使い続けているラティクチ
ヒレボルト@2を煮詰めた形となります


f:id:sakupoke:20190402180152p:plain

【構築経緯】
自分の中で1つの完成形であるラティクチレヒレボルト@2を模索しているうちにボルトのスカーフ一点読み行動が窮屈に感じ、スカーフ枠の誤認や重いウルガ等に抗うために襷ステロランドを採用

ここまでの並びではグロスガルドが重いことや、ポリ2orカビゴン+物理受けの並びに対する崩しが甘いと感じたのでラティやボルトとの選出のパワーも考え、毒々持ち悪Zゲッコウガを採用して構築が完成した

【個体解説】

f:id:sakupoke:20190402181526g:plain
クチート@メガ石

性格:意地っ張り

155(236)-168(220+)-145-*-115-77(52)

じゃれ/不意/叩き/剣舞

今期も全試合選出した不動のエース

S36振りクチートを意識したポケモンが一定数いると感じて前期より少しSを引き上げた

初手には基本的に置かずに裏から対面操作や電磁波での補助を受けて展開することを意識し、積極的に交換読みを仕掛けていくことで相手のサイクルを崩していった


f:id:sakupoke:20190402183042g:plain
ラティアス@混乱実

性格:臆病

156(4)-*-110-162(252)-150-178(252+)

サイキネ/10万/シャドボ/電磁波

前期に引き続き3W混乱実ラティアスを採用

ラティアスとしては範囲と耐久を上手く活かせている間違いなく強い型だと考えているが、構築がミミガッサに非常に薄かったのでゴツメラティのようなピンポイントでメタを貼るような型でも良かったかもしれない


f:id:sakupoke:20190402183848g:plain
カプ・レヒレ@ミズZ 

性格:臆病

145-*-135-147(252)-151(4)-150(252+)

ドロポン/ムンフォ/めざ炎/瞑想

役割が不明瞭なポケモンではあるが、ゲッコウガが刺さらないナット入りサイクルを中心に特殊方面からの火力と範囲での崩しを担当してもらった

ヒレミラーや準速レヒレ抜き調整のポケモンを意識した最速レヒレは火力不足に悩まされたりもしたが、それ以上に速いことで拾えた試合が多かったので正解だと感じた


f:id:sakupoke:20190402184939g:plain
霊獣ボルトロス@スカーフ

性格:控えめ

167(100)-*-91(4)-198(116+)-105(36)-153(252)

10万/めざ氷/ヘド爆/ボルチェン

前期からの変更なし
 
コケコ入りに対する性能と電気の一貫してるグロス軸に対しての動きやすさを評価して続投

全行動が択である窮屈なポケモンではあるが、強気なプレイングを心がければ基本的にアドを取っていけるのでハマれば強力なポケモンだった

相手視点で木の実ボルトを考慮した動きをされることを踏まえて立ち回っていたが、このポケモンだけはグロス地震やアムハンを連打されたりしたので苦労が絶えないポケモンだと改めて感じた


f:id:sakupoke:20190402190331g:plain
霊獣ランドロス@襷

性格:陽気

165(4)-197(252)-110-*-100-157(252+)

地震/封じ/ステロ/爆発

勝利にかなり貢献してくれたポケモン 

相手からはスカーフに見えることを意識して、地震を押せる対面で引かれそうならステロを早めに撒いて爆発で1:1交換を取る動きが強力

ヒレを重めな選出をする際でも、このポケモンで強引に処理してゲッコウガを通す動きが強力だったのであらゆる構築に雑に投げれる万能ポケモンとしてかなり信用していた


f:id:sakupoke:20190402191350g:plain
ゲッコウガ@アクZ  ※激流

性格:臆病

147-*-87-155(252)-92(4)-191(252+)

熱湯/悪波/毒々/身代わり

一発芸ポケモン

突っ張ってくるグロスを一方的に処理して数的有利を取る展開や、ガルド対面身代わりからのポリ2カビゴン引きに対して毒々で負荷をかけていく立ち回りがシンプルに強かった

激流身代わりを見せることで相手に激流ミズZを意識させて、それに合わせてアドを取りに行く動きも強力だったが、反面レヒレに全く負荷がかからないので再戦ではグロスとの初手対面でボルト下げのような強引なプレイングを要求された


選出率はクチートが100%で、それ以外は偏り無く出していたので割愛


選出パターンに対しては相手の並びが少しでも変わってくると気分次第で選出を変えたりするのであまり解説しませんが意識していたことだけ少し解説

基本的にラティアス/ボルトロス/ランドロスの3匹のうちどれかを場作りとして選出してクチートを動かしやすくする

場作り+クチート+@1で水タイプのどちらかを選出することがほとんどだったが、場合によってはボルトランドクチートのような選出もすることがあった

ランドを絡める場合はランドを切って2:2で勝てるかどうかを判断して立ち回り、ボルトを絡める場合は3匹全員を残して数的有利を取ることでボルトの行動回数を増やすことを意識して、ラティを絡める場合はラティで数匹を削ったり麻痺を入れたりしてラティが落とされて2:3になってからでも裏の一貫を作って詰めれる場合に限定した


【結果】
最高/最終2202 最終順位4位
f:id:sakupoke:20190402193851j:plain



【Special Thanks】
ヒレを貸してくれたリンクさん

通話してくれたみんな


【最後に】
今期は目標だった2200を達成して最終1ページ目に入れたので非常に満足できる結果になりました

レート通話をしながら潜る機会が今期は多かったですが、そのおかげで落ち着いてプレイすることが出来て、最終日も比較的安定していたので通話してくれた身内には感謝

また、Twitterで応援してくださった皆さんやオフで温かく接してくださった方にも感謝しています

今期は最高にポケモンを楽しめたシーズンだったのでまた結果を出せるように頑張ります

それでは改めてS14お疲れ様でした!



何かあれば@Sakku_pokeまで