サックーのブロマガ

ラティクチ考察日記

Mawile

最近思ってることをつらつらと


クチートには等倍でも受けきれないような火力で崩せる性能があるので数を減らすことによるゲームプランの組み立てが出来るのが他にあまり見られない強みだと思います

また、数を減らした後にミミッキュで詰めに来る動きに対しても威嚇+ある程度の耐久のおかげで切り返すことが可能で、ステロ等の襷(行動保証)を潰しに来る相手に対する終盤の展開でも全く腐らないのが他のポケモンには見られない強さだと思います


しかし、このポケモンの弱いところは初手展開時の行動保証の乏しさだと考えています

受けるより攻めるクチート軸では、先に数の有利を取られて死に出しで不利なポケモンを出されるとカバーが困難であり、逆に先に数を減らして有利な盤面を形成できれば採用するポケモンの関係上、火力と範囲で押しきれる事が多いです


数の有利を取るために初手のポケモンの対応範囲はかなり重要で、行動保証と範囲を活かして打ち合ったり、不利対面を対面操作技で一方的なアドを取られずにカバーしたりすることが求められます


その点クチートというポケモンは攻めの範囲こそ広いものの、高火力Z等の確1の攻撃やじゃれ耐え調整等で一発耐えられて上から2発で落とされる展開に抗う術がなく、初手に置いてこれらと対面していきなり数の有利を取られることが多いです


具体的に言えば霊Zガルドと眼鏡(もしくはZ)を所持した耐久振りテテフがかなり厳しいです

受けることが厳しく、対面したら殴らざるを得ないので数の有利を取られてそのまま逃げきられる展開で順当に負けてしまいます


特にテテフは仮にHADクチートで叩きからじゃれの動きで眼鏡を落として突破出来たとしてもフィールドによって裏に不意が通らないし数の有利を取った恩恵をあまり受けられないです


つまりクチートを初手に置く動きはあくまで個人の意見だけど弱いと思ってます


裏から展開してこそ狙った相手に威嚇を入れれたり、有利対面を作って負荷をかけていけるので少なくとも今の環境だと裏からの展開が望ましいのかなと僕は思います  


もちろん一概に否定するわけじゃなくて、僕も初手に置く時はあるしそれが刺さって勝てた試合はあります

しかし、そういう試合はクチートでどれだけ負荷をかけてアドを取れるかが重要になってくる試合が多い(裏2匹で殴ってクチートをクッション気味に扱いつつ勝ちきれるような試合ではない)ので落とされることが負けに直結するし不利対面が出来たら簡単に負けることも多々あります


いつも初手に置きたくないなと思いながら仕方なく置いてるしあまり好ましい展開の仕方ではないから課題だったりしますが、厳しい構築にはそれなりの強気な動きが要求されるし正直どうしようもない部分だとは思います


長々と書いてきましたが結局言いたいのはクチートは裏から展開した方が輝くと思うってことです


昔はクチートを初手に置いて裏の癒しラティで蘇生して勝ちきるゲームメイクが一番強いと思ってましたけど今は弱いと思いますし環境の流れには柔軟に対応していくのが大事だと思いましたね

逆にまたいつか初手クチートが輝く環境になるかもしれないし常に動かし方は模索していかないといけないと思います


クチートは慣れるまで扱いが難しいけど面白いポケモンだし是非使ってみてほしいと願ってます


【最後に】

クチートのリフレめちゃくちゃ可愛いから使うなら絶対しておきましょう

f:id:sakupoke:20190428154608j:plain