サックーのブロマガ

主にポケモンについて書いていきます

S8最高2187/最終2128 明日へ漕ぎだすラティアスクチート

どうも、サックーです。
今回はS8終盤で使用した構築を紹介します。

f:id:sakupoke:20180313172317p:plain

構築経緯
今までf:id:sakupoke:20180313135957p:plainf:id:sakupoke:20180313140013p:plainf:id:sakupoke:20180313140028p:plainを使ってきてf:id:sakupoke:20180313140042p:plainf:id:sakupoke:20180313140058p:plainf:id:sakupoke:20180313140117p:plainf:id:sakupoke:20180313140132p:plain+崩し枠+鋼処理枠の並びが最も強いと感じたので崩し枠として対面性能も高くテクスチャーZの存在から崩しの対象となる数値受けを呼びやすい悪巧み騒ぐf:id:sakupoke:20180313140239p:plainを採用。
最後に鋼処理枠としてf:id:sakupoke:20180313140321p:plainを採用していましたが刺さるパーティーが多くて選出が歪む、ステロ展開で容易に止められる事から似たような役割を持ちつつ有利不利がはっきりしているf:id:sakupoke:20180313140506p:plainを採用しました。


コンセプト
・エース(f:id:sakupoke:20180313143145p:plainf:id:sakupoke:20180313143203p:plainf:id:sakupoke:20180313143222p:plain)で対面処理してから2匹目をf:id:sakupoke:20180313143242p:plainで削りつつエースを蘇生して2:1.5の状況を作ってエース2体で詰める
・高火力+良耐性を活かしたサイクルでダメージレースに勝つ

f:id:sakupoke:20180313143448g:plain
クチート@メガ石
性格:意地っ張り ※数値は全てメガ後
157(252)-151(100)-146(4)-×-130(116)-75(36)
じゃれ/不意/叩き/炎牙
調整意図
H:総合耐久意識のぶっぱ
A:余り
B:端数
HD:補正なしゲッコウガのミズZ最高乱数切り耐え
S:麻痺した準速ミミッキュ抜き

いつもの。
蘇生するには体力が僅かでも残らないといけないので不意の特殊Zにある程度対応出来るD振りでの採用。ミミッキュが重いパーティーなのでラティで麻痺を撒いた後にクチートが上を取れるように少しSに振りました。
技構成に関しては対面性能を上げるじゃれ不意叩きを確定として残りは冷パンと悩みましたが炎打点の少なさを考えて炎牙にしました。ナットハッサムに刺さると言うよりはS振りも相まってミラー(ポリクチミミガッサ)に刺さる事が多かったです。
ナットハッサムも無視できない数はいるのでレート差マッチでそれらと当たった時に勝ちを拾えるように炎牙を選択しましたが、鋼の重いこのパーティーによくマッチしていたと思います。
クチートを使う上で大事なのはじゃれを極力撃たないこと、1度外してもケアが効く対面を作ることなのでクチートでなるべく有利対面を取る事を意識してました。今期もよく頑張ってくれた偉い子なのでS9でも頑張ってもらいたいです。
選出率1位

f:id:sakupoke:20180313150956g:plain
ラティアス@ゴツメ
性格:臆病
183(220)-×-110-135(36)-150-178(252)
サイキネ/冷ビ/電磁波/癒しの願い
調整意図
最速を取ってHSベース(特に調整先はない)

いつもの。
基本は裏に控えさせてエースが対面処理した後削りor麻痺撒き+蘇生して再展開させるためのポケモンクチートとレヒレが両方不利を取るレボルト(電気Z)、リザY等の退き先になる役割もあります。基本はラティ+エース1匹でサイクルを回して削りつつエースが消耗したらタイミングを見計らって蘇生します。ラティがいなくなると地面の一貫を作られやすいので切るタイミングがかなり重要でした。この子もよく頑張ってくれたのでS9でも引き続き使ってあげたいと思います。
選出率3位

f:id:sakupoke:20180313152152g:plain
カプ・レヒレ@ミズZ
性格:控えめ
175(236)-×-135-157(220)-150-112(52)
ドロポン/ムンフォ/こご風/瞑想
調整意図 
H:16n-1
C:H4ミミッキュをミズZで確定の最低ライン
S:ミラー意識、S-1最速100族抜き

いつもの。
耐久ラインに明確な調整意図はありませんが特化レボルトの10万、特化ゲッコウガのダスト、CSメガゲンガーのヘド爆をいい感じに耐えるのでここから落とすのはあまりよくないと思います。
型は対面性能とサイクル崩し性能を底上げするHCミズZで採用。
技構成に関してはメインウェポンであるドロポンとムンフォを確定として3枠目にミミッキュに隙を見せづらくなる凍える風を採用しました。
4枠目は数値受けの強引な処理、麻痺を撒いた後にテテフ等の上から積んで裏のポケモンと対面出来る事を考えて瞑想を採用しました。
正直技構成はこれで完結していると思います。
このポケモンカバルドンの欠伸展開を許さず、ガッサの胞子を防げるのでクチートのサポートも擬似的に行える強力なポケモンだと改めて実感しました
使うと他の水枠が使えなくなるほどスペックが高かったです。
選出率2位

f:id:sakupoke:20180313154044g:plain
ポリゴンZ@ノーマルZ
性格:控えめ
189(228)-×-100(76)-187(116)-105(76)-112(12)
騒ぐ/シャドボ/悪巧み/身代わり
調整意図
HB:補正なしメガマンダの捨て身最高乱数切り耐え
C:11n
HD:特化レヒレのミズZ最高乱数切り耐え
S:余り

崩し枠としてはかなり信用してるポケモン
ラッキーが悪巧み×2Z騒ぐでほぼ落ちるほどの火力が出るので低速サイクルに対してよく刺さりました
このパーティーは全体的に遅く、オニゴーリや分身バトンにハメられやすいので身代わりを貫通する騒ぐは重宝しました。Sが欲しい場面が多かったですがこの耐久に助けられることも多かったので悩むところ。とにかく積んでZを撃つだけでサイクルが崩壊していくのでとても強かったです。
21チャレで分身×2ペンドラーに騒ぐを当ててオニゴーリの零度を避けてくれた神ポケモンだったのでまた使ってあげたいです。
選出率5位

f:id:sakupoke:20180313155524g:plain
ランドロス@スカーフ
性格:陽気
181(132)-181(124)-110-×-100-157(252)
地震/岩封/蜻蛉/ステロ
調整意図
テテフのPFサイキネをいい感じに耐えるところまで耐久に振ってテクスチャーポリZの確実なストッパーになるために最速。余りをAに振りました。

スカーフ枠としてはかなり信頼できるポケモン
技構成に関しては蜻蛉地震を確定として岩技に竜舞マンダの起点を回避するための岩封、4枠目に馬鹿力を採用していましたが使う場面がなかったのでポリZや後述のバシャの抜き性能をサポートするステロを採用しました。
岩封の採用は正解でマンダに岩封を連打して羽のタイミングでレヒレを投げてムンフォ+岩封で強引にマンダを処理する動きが強かったです。
初手のコケコ対面では即決で地震を撃ってリザ対面では迷わず岩封を撃ちましょう。
選出率4位

f:id:sakupoke:20180313161218g:plain
バシャーモ@メガ石
性格:うっかりや ※数値は全てメガ後
155-195(116)-100-189(172)-90-148(220)(理想値)
フレドラ/めざ氷/地震/剣舞
調整意図
昔作った珠バシャの流用個体。
もっとSを落としてAに振る方がいいと思います。

H150バシャーモ。(個体値妥協してレートする沼)
意味の分からない技構成になってるポケモン
フレドラは確定として鋼と一緒にいることが多いマンダやランドに刺さるめざ氷、受けサイクルをポリZだけで見るのは不安だったのでドヒドイデを崩せる剣舞地震を採用しました。
この枠に求められるのは鋼を絡めたサイクルの崩しと選出誘導なのでランドバシャポリZと並べれば襷ランドやテクスチャーポリZを意識してくれると考えて最終的にバシャーモに落ち着きました。
意味の分からない技構成は意外と刺さって、雨の裏にいるマンダナットコケコ顎辺りを一匹で見れたりウツロバシャカグヤに対してウツロイドを起点に加速することでバシャーモに対して択にならず一方的に有利を取れました。
この枠は出さない事が一番大事なのでよっぽど刺さってないと選出することはありませんでした。それでも選出した試合はよく頑張ってくれました。
選出率6位


選出パターン
f:id:sakupoke:20180313162723p:plainf:id:sakupoke:20180313162736p:plainf:id:sakupoke:20180313162746p:plain
最も安定する選出。
カバリザ/カバルカ/テテフランドゲンガー/ポリクチ/ガルーラスタン/ギャラ顎辺りにこの選出をしていきます。
初手は基本クチートで雑に荒らしてラティで蘇生、その後クチートで再度暴れてレヒレでラス1対面を制すという感じで試合を進めていきます。
この選出が出来れば基本勝ってました。

f:id:sakupoke:20180313163212p:plainf:id:sakupoke:20180313163235p:plainf:id:sakupoke:20180313163248p:plain
主にグロス入りや共有パ(カバマンダガルドコケコゲッコ@1)等のコケコ入りにこの選出をします。
ランドから展開して後出しされるマンダに対してクチートを投げれば受けきれずに共有パは比較的簡単に崩していけます。
グロス入りはランドの蜻蛉からクチートに繋いで威嚇を入れて誤魔化すようにしていました。

f:id:sakupoke:20180313163629p:plainf:id:sakupoke:20180313170452p:plainf:id:sakupoke:20180313170508p:plain
対害悪選出。クチートで起点作りを処理してオニゴーリや分身バトン要員にポリZを投げてから騒ぎます。零度一発避ければゴーリに対しては基本勝ってました。分身は気合いで当てます。ゴーリ入りの裏に多いギャラやリザ意識でラストはレヒレを連れていきます。運要素は極力減らしてますが結局運で勝負がつきます。

f:id:sakupoke:20180313164249p:plainf:id:sakupoke:20180313164302p:plainf:id:sakupoke:20180313164314p:plain
バシャを通すときの選出。
ランドでステロを撒いてからレヒレのこご風で加速の起点を作ってバシャで抜いていきます。
よっぽど刺さってるパーティー(マンダナットドランみたいなやつ)にしかしませんでした。

f:id:sakupoke:20180313164542p:plainf:id:sakupoke:20180313164604p:plainf:id:sakupoke:20180313164614p:plain
対受けル選出。
バシャで物理受けを呼んでポリZで裏のラッキーごと崩す動きで基本勝ってました。バンギがいたらラティのゴツメ+冷ビで強引に削ってポリZを通してました。

この他の選出は再戦でしか基本しませんでした。

重いポケモン、並び
メタグロス
無理。
クチートで不意択に勝つしか一匹も落とさずに処理する方法がないです。レヒレやランドといたり、終盤流行ったポリグロスガッサは勝ち目がなかったです。

地震マンダ
クチートでマンダを見ているので交換読みで地震を撃たれると一気に厳しくなる。
その後のレヒレ展開でどう誤魔化すかが勝敗に大きく関わってきたのでかなりシビアな立ち回りを強いられました。

この他は立ち回り次第で誤魔化す事が出来たのでこの2体をどうケアするかがこの構築の改良点になってくると思います。

結果 最高2187/最終2128(22位)

最高レート↓
f:id:sakupoke:20180313165959j:plain

瞬間1位↓
f:id:sakupoke:20180313170026p:plain

最終↓
f:id:sakupoke:20180313170038p:plain

追記 QR作成しました
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4E84-B367



最後に
今期はほんとに勝てなくて中盤に両ロム1700まで落とした時はもうダメだと思いましたがなんとか持ち直して最高レートを大きく更新することが出来ました。2200まであと僅かのところで崩れてしまいましたが結果自体は満足していて自信がついたので
S9では2200を達成出来るように頑張ります(>_<)
最後になりましたが応援してくださった皆さん、
対戦してくださった皆さん。
S8お疲れさまでした!